K@はぐれ医師の徒然日記

書評や日々の出来事など

書評 「そのとき、日本は何人養える?: 食料安全保障から考える社会のしくみ」

孫氏が戦には兵站が重要であると説いた様に、食料安全保障は国民の生命に関わる問題である。日本が食料やエネルギーを一切輸入しなければ3000万人しか食べることができず、残りは餓死してしまうという報告は衝撃だった。

農業の繁栄は非農業部門がいかに潤うかにかかっているという点がポイントかと思う。
農家が潤うためには消費者がある程度裕福で、それなりの値段で農作物を購入しないといけない。農業以外の産業で日本が裕福になり、もっと中間層が増えることが望ましい。一方でフードロスを減らすために余った食べ物を無料で配布することは、ダンピングにあたり、不当に農作物の値段を下げてしまう。この指摘も目から鱗だった。フードロスはいわゆる安全余裕にあたり、ある程度は許容するべきである。

また農作物をつくるためには化学肥料(ハーバーボッシュ法)やトラクターを用いるため、米1kcalを作るのに必要なエネルギーは2.6kcalであり、米は石油で出来ているといっても過言ではない。食糧問題はエネルギー問題でもあるということも初めて知った。

日本が海外に誇れるもの、アニメやエンターテイメントも輸出産業になり得る。そのような強みを活かして日本全体が潤うこと、しかし単に消費が増えて潤うだけでは環境問題を悪化させる可能性があり、「小消耗型消費」を目指すべきであることなども納得のいく説明だった。
兌換紙幣、ペドロダラー、石油に代わる新しいエネルギー(核融合、重力蓄電)などの蘊蓄を知ることができたのも楽しい。結局、食料安全保障には農業だけでなく経済、地政学、科学など様々な分野に精通して多元的な観点を持つことが必要。解決への道が隘路であっても楽しみながら模索するべしということを感じた。

筆者のことはツイッターで知り、色々な事柄に対して鋭い着眼点を持っていて面白い人だと思っていたが、この本にも、その多面的な考え方が反映されており、興味深く読むことができた。

 

そのとき、日本は何人養える?: 食料安全保障から考える社会のしくみ | 篠原信 |本 | 通販 | Amazon